こんにちはさわしんです。

平成29年4月6日についにYouTubeから広告掲載をするユーザーを対象に規制を与えることになりましたね。

これ最初私自身も使えなくなるんじゃないの?って思ったのですが、大丈夫そうだったので、一応自分の中での整理ということでまとめていきたいと思います。

 

 

YouTubeの規制する1万人視聴者って?

まず今回YouTubeが発表したのは「チャンネルの視聴回数が1万回に達するまでは広告を表示できない」というように変更したということ。

これ最初私は「自分の持っているチャンネル登録者が1万人超えないと広告貼れないよ」っていうことかと思ってどうしたもんかなと思いました。しかし、よくよく文章を見てみると「チャンネルの視聴回数が1万回」とあるのですよね

〇「チャンネルの視聴回数(=再生回数)が1万回」

「チャンネルの視聴者(=登録者)が1万人」

一般のYouTuberからすればチャンネル登録者が一万人はかなり大変な数ですよね。私も超えていないのでドキドキしました(まぁYoutubeの報酬なんて駄菓子屋程度ですが笑)

この規制の大きな理由としてYoutubeは「第三者によるオリジナルコンテンツの再アップロードを防止する目的」ということで、要は人(テレビ含む)の媒体を勝手に録画なりキャプチャーして自分の適当に作ったチャンネルでアップロードして一時的に莫大な利益を得た後にチャンネル停止を食らう前に動画を削除したりなどするユーザーに対しての鉄槌なわけですね。

今現在一万回再生を超えているユーザーが広告貼って無断動画投稿すれば即アカウント停止ですし、作ったばかりのアカウントならそもそも広告を貼れないということなので、それなりに成果がでそうではありますね。

新しくチャンネルを開設したい!

今チャンネルを開設してあって、普通にそれなりに動画を投稿している人にはさほど影響はないと思われます。気になるのは「チャンネルを作ったばかりでまだ累計一万回再生回数のないユーザー」「これからYoutuberになりたい!」とか「ペットを飼い始めたのでかわいい動画を見てほしい!(せっかくなら広告も貼っておこずかい稼ごう)」なんて方。

動画を普通に投稿する分には何ら問題はないわけですが、そこから広告収入を得ようとした場合、つまり「Youtubeパートナーシップに登録」する際の審査が厳しくなるというわけです。

自分のチャンネルの総再生回数が一万回を超えたからってすぐに広告を貼れるようになるわけではないということですね。 YouTube ポリシーに活動内容が違反していないかの審査が行われて、問題がなければ YouTube パートナー プログラム に登録される仕組みです。

一万回再生してようやく審査に通すことができるという感じですね。(まぁ緩かったですが元々審査ありましたしね)

まとめ

●現在チャンネル開設していて「クリエーターツール」のトップページで1万回を超えている人はスルー

●上記の状態で1万回超えていない人は超えるまで頑張ろう

●チャンネルを未開設の場合はどういう動画を投稿するか考えよう(YouTubeポリシーに違反しないこと)

 

参考までにここを見よう

日本語版YouTubeクリエイターブログ

 

良い記事を作成して行くための活力をください

 

【さわしんちゃんねる】では行ってほしい場所、調査をしてほしい場所などを随時募集しています。

「sawashin1128gmail.com」(gmailの前に@をお願いします。)

Twitterのダイレクトメッセージなどからご連絡ください。

記事になる場合は基本的に無料でやらせていただいています。

しかし、写真やほしい情報、場所によっては実費をいただくことがあります。

また、企業様の場合はインタビューも含めた完全お店紹介となるため、ご相談とさせていただきます。