1430036919589

食べ放題ハンターのさわしんです。

みなさん食べ放題では何の食べ放題が好きですか?

 

私は食べ放題の中では海鮮が好きです。よくあるバイキング、ビュッフェではお肉やちょっとした魚料理はあるのですが、刺身といった生ものの食べ放題ってそこまで無い。

ホテルのビュッフェレベルになれば「お寿司」としてそれなりの海鮮は食べられるのですが、安く満足できる海鮮の食べ放題は都内にないものか?と探してみた

 

・・・あった。1200円で海鮮料理が食べ放題。食べ放題ハンターの私としては行くしかない。元々軽い腰を上げて向かった。

たった1200円!?新鮮な海鮮がたらふく食べられる店「たいこ茶屋」に行ってきた

 

スポンサードリンク

「たいこ茶屋」の場所は東京駅からたった2駅にあるJR総武本線「馬喰町駅」から徒歩1分

1430036917784

【JR総武本線「馬喰町駅」】(何か看板があったから撮った)

 

そこから徒歩1分にある「たいこ茶屋」はビルの地下1Fにあります。

taikochaya

©Googleストリートビュー

 

夜は居酒屋といて営業していて、マグロの解体ショーも行うとのことですが、私の今回の目的は食べ放題のあるランチ営業を狙います。

ランチ営業が11:30~14:00で開店の30分前に行ったのだが、すでに並んでいる。しかし、いうほど待てない行列ではない。並びましょう。

開店11:30になり順番に案内されます。最初は整理券をもらう。そこに入店時間が記載してあるのですが、その時間10分前に店に行けば大丈夫。私は外に出るほどの時間でもなかったため、そのまま列にならび、そのうち中に案内された。

営業効率からか、入ってすぐに先払いで1200円を払う。店内はテーブル席から、座敷まで。結構広い。しかし一つだけ気になるところが。

それは「人気過ぎて混むときは一枚のテーブルを他人と向かい合わせレベルの相席」

控えめと言われる日本人の中でも特に人見知りの私。連れてきた後輩がもしいなければ入った後にドキドキで楽しめなかったと思う。

※ちなみに相席として、私たちの前に来たのはカップルだったので、ドキドキではなく、悔しさだけがあったので、食べ放題に集中することができた。

 

値段と種類とコストパフォーマンスのすごさと言ったら。

 

見てほしいこの数々の海鮮の量。見る限りで言うと、

①日替わりの刺身(まぐろ、ぶり、サーモン、エビ)たまにカツオ

②マグロの醤油漬け、いくら&紅葉おろし(日によってあったりなかったり)、明太子、明太イカ

③サラダ類(もやし、オニオンスライス、ブロッコリー、マカロニサラダなど)

④煮物(私の時はブリの煮つけだった)、焼き物(私の時は焼きサバ)

⑤白飯、酢飯、炊き込みご飯(これはない場合もあるらしい)

⑥フルーツポンチ

⑦日替わりのお味噌汁

 

これだけの量が1200円ってありえなくないですか?まぁありえるんですけれど。

刺身が集まれば必ずすることって何だと思います?

 

1430017032427

そう「自家製の海鮮丼」ですね(ネギトロ、サーモン、ブリ、マグロ、漬けマグロ丼です)

 

私はいくらが好きだ。プリン体が大好きだそんな私がするこいえば、

 

1430016956495

そう「いくら丼(正確にはいくら紅葉おろし丼)」です。丼にご飯を盛った後、スプーンでイクラを掬う快感ってわかりますか?最高です

 

食べる。食べる。食べまくる。

 

たいこ茶屋のランチの食べ放題は50分。正直50分もいらない。一回取りに行ったら2度取りに行くことはほぼない。

満足してそのあとサブ目的として六本木でやっていた古市に向かった。

 

安くて美味しい海鮮食べ放題の店は希少!

★★★★☆(4/5)

星1のマイナスはただの相席に対する自分の人見知りが爆発しただけです。

最高に満足できました。安い海鮮の食べ放題って意外と多くないんですね。やっぱり鮮度と言うこともあり、安く卸せないでしょうし。

たいこ茶屋さんはマグロを捌くとのことで、一匹買いをしているのでしょうか?また夜も美味しい宴会メニュー、居酒屋として運営しているので、たった1時間半限定の食べ放題ができるのでしょう。

次は夜に居酒屋として楽しみたいと思いましたね

ぜひみなさん東京にきたら食べていただきたいですね。

 

詳細

たいこ茶屋

「http://www.taikochaya.jp/lunch/」

 

 

良い記事を作成し行くための活力をください

こちらの記事もどうぞ

【さわしんちゃんねる】では行ってほしい場所、調査をしてほしい場所などを随時募集しています。

「sawashin1128gmail.com」(gmailの前に@をお願いします。)

Twitterのダイレクトメッセージなどからご連絡ください。

記事になる場合は基本的に無料でやらせていただいています。

しかし、写真やほしい情報、場所によっては実費をいただくことがあります。

また、企業様の場合はインタビューも含めた完全お店紹介となるため、ご相談とさせていただきます。