「安くてうまくて満足する飯食いたいな」

私の一言からいつものグルメの旅は始まる。

 

こんにちは

さわしんです

 

今日は安いのにボリュームのある海鮮のどんぶり一品の店があるということで行ってきた

※なぜ海鮮系といったのかは後に分かります

予想以上に気分が高揚したお店なのでぜひ知っていただきたい

 

 

日本橋にある丼もの1品のみの店「つじ半」に行ってきた

ネットで調べたところ、どうやら開店が11時なのだが、かなり並ぶということで少し早めに待機するために、

日本橋に10時半友人と集合

 

 

既に結構並んでいる・・・。

カウンターでかつ12席という一度にそこまで入れないため、11時の開店後もかなり待った。

結局10時半に並んでから入ったのは12時半

思った以上に人気店を甘く見ていた

こういう安くておいしいそうな店は混むのが定石であり、待つごときでへこたれる我々ではない

ちょうど飯時ではないかと前向きに考え、いざ入店

待っている間に注文を取ってくれていたので入ると同時に店員さんがオーダーを板前さんに注文してくれる

少し待っていたらすぐに出てきた

 

 

 

ぜいたく丼「梅」

これが冒頭で書いた通りの海鮮どんぶりなのだ。つまり刺身がごそっと乗っているのではなく、

ぶつ切りの海鮮のものがたくさん乗っているのだ。

 

 

いわば豪華なネギトロ丼みたいな感じである

それに加えて何やら4枚の切り身。一つは鯛なのだろうがもう一つは不明(びんちょう??)

板前さんが半分は後で使うので2枚だけ食べてほしいとのこと

 

 

私が食べたのは一番下の「梅」なのだが、

写真に書いてあるように

「松」「竹」「梅」に特上というのがある

しかし、「梅」なのに全然弱弱しくない

ちなみに隣の人が「竹」を頼んでいたが、この中に加えて蟹が入っているようだった

自分の中では「梅」で十分楽しめる

(安くてボリュームということだったので990円に惹かれた)

味の感想としては

新鮮な魚の味にきゅうりのぶつ切りが触感をよくしてくれる

後地味に生姜がかなりおいしい。一緒に食べるとビックバン

かなりおいしく5分かからず平らげる

 

 

そのあとに待っていたのは「鯛だし茶漬け」

 

 

ご飯を空にした後、板前さんに言うとご飯を追加してくれて、半分だけ食べてと言われた鯛ともう一つの魚をそのだし茶づけの中に入れる

 

これがまたとてもおいしい

どんぶりをがっついた後に休めと言わんばかりに香ばしい出汁としゃぶしゃぶのように色が白くなった魚がまだ触感が良い

すぐに食べてしまった。

結局2時間並んで15分で食べるという吉野家レベルの速さ。

並ぶのは少し大変だが、ぜひとも食べてもらいたい

可能ならば10時から並んで暇つぶしにゲームでも持っていくといいかもしれない

私は友人はいたので、恋愛トークでなんとか2時間耐えることができた

ぜひ食べてほしい安い絶品グルメである

 

東京都中央区日本橋三丁目1番15号久栄ビル1階
日本橋駅から大体5分以内
・営業時間
11時00分~15時00分&17時00分~21時00分
休みの日は特に書いていなかった。
ランチ営業、日曜営業

 

【つじ半】

 

 

つじ半海鮮丼 / 日本橋駅東京駅京橋駅

昼総合点★★★★ 4.0

 

余談であるが、ちなみにそのあとその友人と都内で人気と噂の「黒と黄金の湯」がある天然温泉「武蔵小山温泉清水湯」

に行ってきた

これはレビューするつもりはなかったので機会があったらぜひ

シルバーウィークの最初の日だったのでおじさんたちにすし詰め状態でちょっと大変だった

 

良い記事を作成していくための活力をください

 

【さわしんちゃんねる】では行ってほしい場所、調査をしてほしい場所などを随時募集しています。

「sawashin1128gmail.com」(gmailの前に@をお願いします。)

Twitterのダイレクトメッセージなどからご連絡ください。

記事になる場合は基本的に無料でやらせていただいています。

しかし、写真やほしい情報、場所によっては実費をいただくことがあります。

また、企業様の場合はインタビューも含めた完全お店紹介となるため、ご相談とさせていただきます。