スポンサーリンク

月初になったし、本格的にアフィリエイトを始めて1カ月経った僕が副(複)業について語ってみる

アフィリエイト
スポンサーリンク

はいどうもこんにちは、「沢信」です。

このサイトのような雑記ブログなら、最初に名前を言うのはありでしょう。

今回は9月1日という月初ということで、改めて自分という人物と、今後ライター、アフィリエイターというこの業界で戦う自分に対して、激励の意味も込めて色々書いていきたいと思う。

初めは建築士志望だった

高校三年(二年の冬)まで自分は理系にいた。中学の時の先生との相性が良くて、数学が得意分野だったから、自然と理系の分野を考えるようになって、家具や家を見るのが好きということもあり、将来自分の家を建ててみたいという理由から建築士を考えていた。

でも、途中から家は建築士じゃなくてもデザインと決めるという意味では建てられるなと気づいて、もう一つの興味があった分野に進もうと決めた。それが法律

とある湾岸警察署が舞台の映画の官僚である室〇さんにあこがれて、警察のキャリアもいいなと思った。昇級試験に「法律」を使うと聞いたので、それだけで理系から文系に変更して、法学部を目指すことにした。

法律を学ぶことが面白かったけど・・・。

法律の勉強は雑学を蓄えるようで楽しかった。

でも、大学入ってすぐに、インターネットの業界に興味がでてきた。

というのも、大学入ってYouTubeにはまった。まだYoutuberという名前がなかった時で、「MEGWIN」さんが毎日動画を投稿していて、それを見ていると、本当にすごい人なんだなと思い、尊敬しかなく、自分も少し投稿してみたり、高校のときからハマっていたオンラインゲームで、ギルド(チーム)のホームページを作ってみた。

その時からすでに心のどこかで、法律の仕事もやりつつ、インターネットの仕事もしたいと思っていた。ただ、インターネットの業界のことは詳しくないし、法律の便利さを知っていたからこそ、インターネットはあくまで趣味のつもりだった。

 

途中から職場の将来に不安を感じ始めた

もともと、大学の時から一般企業で働くことに疑問を感じていた。

働くなら専門職として頑張りたいと思ったので、公務員の勉強もしなかったし、みんなが就職活動している中でも、法律分野の仕事なら自分が法学部だし、時期問わず、募集があったので、大学を卒業するまでは就活をせず、法律の勉強を少しするくらいだった。

幸運にも、大学卒業後すぐ内定をいただけたので、法律事務所に勤務した。

大学時代に学習塾のアルバイトをしていて、電話や保護者の方など、結構真面目な対応が必要で、社会人のような経験はできたけど、本格的に社会人としての初めての職場は本当に勉強になった。

数年働いて、普通に暮らせる収入もいただき、立ち位置もそれなりに優遇していただいたけれど、どこか自分の思う生活とは違うとずっと思っていた。

今でも満員電車は苦手だし(みんなそうだと思うけど)、朝早く起きて、いろんな会社や銀行から呼ばれたら土日も関係なく出勤しないといけないという生活に疑問を感じた。(土日は上司だけど)一般企業で働くのと何ら変わらないと思った。

お決まりの情報商材で40万損した

副業として、手を出す株や、仮想通貨、アフィリエイトやインターネットの仕事ではお決まりの「情報商材の詐欺」

まぁ詐欺というと響きは悪いし、それで稼いでいる人もいるから何とも言えないのだが、簡単に言えば、儲ける方法が、その僕が買った情報商材を他の人に売るというもの。つまり、40万円の中身がよくわからないものを他の人に売って、その中から利益を得るという、何を売っているんだと思った。

局自分は誰にも売ることはなく、40万円をどぶに捨てた形となる。

起業セミナーはMLMの巣窟だった

MLMとはいわゆるネットワークビジネス(マルチレーベルマーケティング)と呼ばれるもので、悪い法律用語だけで言えば、「ねずみ講」に近いもの。完全なねずみ講ではないから、グレーゾーンレベルのものだった。

セミナーに参加してみると、講義をする人が、

「これだけ稼いでいます。」とか、

「お店を経営しています。」とか。

確かに講義をする人は講義をしている段階では、色々出資をして、経営者として、すごいと思ったが、セミナーを開いている会社(団体といった方がいい)はちょっと危なかった。

いいワインや日本酒を専門家の人が紹介してくれるイベントは良かったけれど、中には、

自分でチームを作って、自分の子(自分が入れた人)が自己資金がないくせに、証券会社を開設させて、新規上場株(IPO)を担当者紹介させて当選したら、団体から一時的にお金を借りて、株を購入し、即売って、利益をそのセミナーに一部落とすということをしていたり。

自分は偶然紹介者に気に入られたのか、さらに稼ぎたいならと、少数精鋭のねずみ講まがい紹介もされた。ぶっちゃけ実のところを言うと、ねずみ講や自己啓発セミナーの危険性は事前に知っていたし、クーリングオフの話も知識としてはあったから、話術や内部構造が知りたくて、興味本位で適度に参加していたことも否定できない。

結局自分はお金を借りてもいないし、誰も紹介してないし、25万円を即クーリングオフした。

自分が法律を身近に感じている以上、こんなところにいたら、腐ってしまうと思って、講義の中の本当にいい部分のみ参考にして、即抜けた。(話し方や、前向きな姿勢など)

 

紆余曲折があって、本格的にアフィリエイトを始めた

多くの人は、まずは副業として初めてみて、それなりに稼げると見込みがあれば、本業を辞めて、本格的にやっていくのだろうが、僕はそうも言ってられなかった。

というのも、当時の職場はタイミングを逃すと本当に辞めることができなかったからだ。

「仕事なんて辞めたい時に辞めればいい」と思う人も多いし、実際言われた。

しかし、自分の性格はもはや変えられないし、自分以上に職場でやっていくのが苦しい後輩が多くいたから、そちらを優先してしまうことがあったり、何より一人抜けると仕事が回らないほど、少数精鋭の職場だった。

自分は正直、続けようと思えば続けられたであろうレベルには立ち位置もできたし、上司や後輩とのコミュニケーションも悪くはなかった。(もっと言えば、自分が上下を繋ぐ唯一の中間管理職だった)

自分と他の後輩たちの辞める理由が根本的に違った。それは人間関係だった。人間関係が駄目になると、仕事が楽しくても辞めることがある。

自分は人間関係が悪くなったし、仕事も嫌いではなかったけど、業界での自分の将来の在り方に疑問を抱いて辞めるまでに至った。

2019年になり、自分の希望の時期には無理だったけど、ついに法律事務所を退職することになった。結構考えたし、周りや職場からもありがたいことに説得されたけど、一人で一から戦ってみたくなった。

幸い本当に偶然にも自分が戦いと思った業界に中学、高校からの友人が先に始めていて、はるか先にいた。SNSなどで嘘っぽいといわれる

「月100万円以上稼いでます」

なんていうことを本当に成し遂げていた。今でも心から尊敬しているし、追いつきたい目標の一人となっている。そんな友人に高校を卒業して以来数年ぶりに連絡を取った。自分にとっては唯一の信頼できる綱だったし、成功例だった。

漫画で例えるとわかりづらいかもしれないけど、ワンピースという財宝(成功する方法)をやみくもに大航海を駆け回って探すよりも、ゴール・D・ロジャーの知り合い(ワンピースのありかを知っている人)に直接聞けるなら聞いた方が早いんじゃないかと思った。

実際数回会って、話を聞いた。そこで思ったのは、レベル1の自分がワンピースを手に入れるには、当然レベルが低いということだった。

そりゃルフィ一人(1巻)でゾロもいないし、大航海時代を攻略できるわけもなく、多くの仲間(知識)を得てからじゃないと無理だった。

要は、友人の話は稼ぐノウハウを言ってくれたけど、レベルが高すぎて理解することができなかった。(今はそれなりにわかってきた)

そして、レベル1のルフィが四皇と肩を並べるには頭が高いことも分かった。悔しいけど、友人ははるか高いレベルにいた。

それでも初めてのワードプレス、ASP、ライティングなど色々自分でチャレンジして、失敗して、改善して、PDCAを繰り返して、ようやく、アフィエイトを始めて、2か月目で数百円の利益が出た

0から1を作る大変さって本当にやってみないとわからないし、雇用されていただけだとわからない。

いくつかのASPの合計なら、2万円ほどになったけれど(半分はセフルバック)まだまだこれから。

インターネットという本当に広いジャンルでの仕事は誤情報や詐欺などがたくさんあるけれど、法律を学んだ自分として、自分を媒体にアフィリエイトやライターとしての情報を発信していきたい。

現在運営しているサイトは合計三つ

1つはこちらのさわログ。2つ目はグルメ系、3つ目は動物関連

アフィリエイトとしては重要と言われている、googleのアルゴリズムの話や、アナリティクスの解析、キーワードプランナーの使い方など、自分は正直詳しくないから自分を実験台に全部オープンに書いていきたいし、毎月の合計収支をこの雑記ブログに公開していけたらいいと思う。

その他、趣味が講じてたくさんの副(複)業を経験した自分は色々な情報を調べてきたし、ワードプレスのカスタマイズの忘備録や、お得な情報など色々も配信していきたい。

ブログ運営者や、アフィリエイト初心者の人ともつながりたいし、情報を交換していきたいと思う。

どうぞよろしくお願いします。

2019年9月1日 沢信