トランクルームの実用的な使い方は?トランクルームの種類を徹底比較

暮らしのノウハウ
Sponsored Links

人間生きていれば、人と触れ合い、物をもらい、生活を快適にするために物を買います。捨てることより得る方が多いものです。

何の話かって?

要は暮らしを続けていけば物が増えるってことです。

そんなこんなで増えていく物の保管方法って結構悩みますよね。洋服や寝具などの小物は圧縮袋に入れればよかったり、数自体を減らすという技がありますが、趣味が多い人特有の「小物が小物じゃない(つまり大きいもの)」趣味グッズの保管って結構大変です。そんな時におすすめなのが「トランクルーム」というわけです。

トランクルームは個人で使う人はもちろんのこと、企業でも過去の書類類や宴会グッズ、福利厚生用品などを保管することでも重宝されています。

今回は収納術としては最強ともいえる、トランクルームの使い方をご紹介します。

 

トランクルームの大きなメリットとデメリット

トランクルームには色々な使い用途があります。また、メリットとデメリットがあるのでこちらもご紹介します。

ーメリットー

預けるだけ預けた後は、自分の部屋を有効活用できる

当然ですが、トランクルームに物を預ければ、その分だけ自宅が広くなるので、空いたスペースを有効活用できます。シーズン中しか使わないものや、大きめの荷物を預けることによって、クローゼットや納戸がとてもスッキリします。

災害が起こった時の非常食、防犯グッズの保管にも

意外と知られていないのが、災害時の保管用としての利用です。自宅が火事や地震で倒壊してしまったときなど(考えたくはないですが)何かあった時のために、非常用の利用場所としても使えます。そのためだけに借りるということはないと思いますが、借りたトランクルームの一部分をそういった使い道に使うのも一理あります。

引っ越しや大掃除、リフォームの一時的な保管にも

引っ越しするときやリフォームするときに、仮住まいで住む家がちょっと狭いといったときに、捨てたくない物の保管に悩むときもあります。そこでトランクルームがとてもおすすめ。何も長期的に借りる必要もなく、一時的に荷物を預ける場所として利用する方法もあります。

 

ーデメリットー

月額費用が掛かる

当然といえば当然なのですが、利用料がかかります。また、保証金や、初期費用として、別途費用が取られることもあります(こちらは会社によって無料なところもあります)。その他、会社によっては連帯保証人を用意する必要があったりします(賃貸と同じ仕組みです)。できるだけ費用を抑えられるように、必要最低限の広さのトランクルームを借りると良いです。

 

家から近くない場合には、少しめんどくさいことも

トランクルームが家から遠い場合は、わざわざ時間をかけて荷物を取りに行かないといけないという不便さがあります。車がないと余計にめんどくさくなってしまうこともありますが、そんな中、そういっためんどくささを改善するために、トランクルームの中には、宅配してくれるトランクルームやシャトルバスを出す会社もあります。また、トランクルームの中には、24時間出し入れできない場合もあります(最近は減ってきています)。

 

トランクルームの種類

近年トランクルームは本当に進化していて、さまざまなトランクルームがありますので、色々ご紹介していきたいと思います。

屋外型コンテナトランク

屋外のコンテナトランクは名前通り外にあるため、屋内と異なり、自分のコンテナトランクの側まで車で持っていくことが可能です。物の出し入れが楽なので、レジャーグッズや、車、バイクの部品などの保管に向いています。

屋外コンテナトランクには、バイクガレージにできることも

屋外コンテナトランクには、バイクを丸々収納できるコンテナもあります。バイクやロードバイクはいつの時代も盗難が相次いでおり、家の前や、鍵のついていない駐輪場の中に置いていると、盗まれる危険性もあります。運よく見つかれば良いですが、見つからなかった場合のショックはとても大きいです。整備品も一緒に収納できるので、バイクガレージとしてもおすすめです。

 

屋内トランクルーム

多くの場合は、パーティションで区切られている部屋に鍵付きだったり、と、鍵付きのドア多いです。サイズ幅もバリエーションが多いですし、屋外コンテナと違って、雨風、ほこりに強いです。最近では24時間出し入れできるところも増えていますが、一部営業時間内に取り出す必要があることもあります。

 

ビル一体型トランクルーム

最近流行ってきている、一押しの近代的なトランクルームです。ビルの一棟丸々又はワンフロアそのままがトランクルームになっています。こちらのトランクルームのいいところはセキュリティの強さ、空調設備の良さ、(店舗によっては)スタッフが常駐しているといった点です。

 

トランクルームの選び方と比較

トランクルームの選び方は、自分が収納する荷物によって変えるのが基本です。

特に屋外と屋内では収納する荷物を選別すると良いです。併用するのもありですが、コストがかかりすぎるという難点もあるので、かさばるものを中心に、そして普段はあまり使わないものを収納すると良いです。

屋外コンテナトランク 屋内コンテナトランク ビル型トランクルーム
非常食、防犯グッズ、車、バイク等の整備品・外で使うイルミネーション用品、園芸用品、アウトドア用品(キャンプ等)、大きめな家電、職人さんの資材等 段ボール等でしまえる荷物(使わない食器、小さめの家電、過去の保管した書類やポスター)、アウトドア用品(ゴルフ用品、スノーボード用品等)、五月人形等 屋内と相違ないですが、空調設備が整っていることが多いので、衣類、ぬいぐるみ、布団などのカビに弱いもの、大事にしたいフィギュア等
セキュリティ、管理、運びやすさ

次に、セキュリティの強度さ、湿度等の管理の良さ、そして出し入れするときの運びやすさをそれぞれ比較します。

 

屋外コンテナトランク 屋内コンテナトランク ビル型トランクルーム
セキュリティ:★★★☆☆ セキュリティ:★★★★☆ セキュリティ:★★★★★
管理、環境 :★★★☆☆ 管理、環境 :★★★☆☆ 管理、環境 :★★★★★
運びやすさ :★★★★★ 運びやすさ :★★★☆☆ 運びやすさ :★★★☆☆

おススメなトランクルーム

キュラーズ

・普通のトランクルームと異なって、ビル全体がトランクルーム!そのため、お店のような施設で、定期的に掃除がされているので非常に清潔です。
・初期手数料がかからないというのがかなりの強み!
・保管するために必須な駐車場が無料
・常駐スタッフがいるので、疑問やトラブルが起きてもすぐに対応してくれます
・火災保険や盗難保険にも加入できます。(加入料は会社負担)

一押しはやっぱり安心なビル型のトランクルームセキュリティがばっちりなのがポイントです。手数料が一切不要で万が一の保険に入ってくれるのが地味にありがたいです。カードキー+暗証番号で入館するというハイテクぶりと全館監視カメラが付いていて、安心感があります。

バイクコンテナをお探しならこちら

スペースプラス

・数少ないバイクコンテナを提供しているトランクルーム。雨風を完全に防げるだけでなく、いたずら防止にも最適な鍵付きです。もちろんバイクだけでなく、車庫に入らなくなった車のタイヤ、部品なども入れることができます!
・連帯保証人や保証金が不要!
・スロープや、ヘルメットなどを置く棚、アイボルトまで付いた構造!
・バイクの他、小さいトランクルームなら最安価なんと月額2520円からとお得!

大切なバイクのガレージとして利用することができます。バイクが普段から雨風にさらされると、壊れやすくなりますし、シートの部分が傷んで破れやすくなります。また、やっぱり盗難の防止が一番大きいと思いますその他、自分でカスタマイズするのが好きな人には、部品の保管、その場で修理等も可能なのでおすすめです。

超最新。運ばないトランクルーム

最近ではさらに優れたトランクルームというものがあります。

それは・・・

「トランクルームは取りに行くのではなく、宅配してもらうもの」です。

そんなというコンセプトを掲げているのが「宅トラ」です。

宅トラ

・何がすごいって、運ぶ作業が一切不要!
・預けた荷物がネットで確認できるハイテク仕様
・WEB操作で簡単出し入れが可能
・期間限定で今なら引取料無料!
・本屋雑誌などの小さなものから、ベッドのような大型家具まで収納することができる優れものです。

自分で動く必要がないという便利さ、管理の楽さが押しのトランクルームです。

トランクルームという概念がもはや覆るのでは?というレベルですが、こんな方にお勧めです。

ゴルフ、スノボ等をする人で、コンビニに毎回持っていく人(特にオススメ!)

子供が生まれて今の住まいがちょっと狭くなった家庭

車がなくて、持ち運びが面倒という人

郊外の倉庫に運ばれるので、比較的安価で利用することができるのがポイントです。また、クロネコヤマトが責任を持って運んでくれますし、手ぶらで旅行先に行って、レジャーグッズをその場所まで運んでくれるという優れものです。

 

収納術は家の外で!

色々なトランクルームをご紹介しましたが、自分に合ったトランクルームは見つかりましたでしょうか?

私のおすすめはやっぱりビル型のトランクルーム。

セキュリティがしっかりしているのと、シャトルバスが運行しているので、預けるときに自分で車を出す必要がないというのがありがたいです。その他、今すぐほしい!という場合には難しいですが、宅配ですべて事足りてしまう「宅トラ」も良いです。ご紹介したトランクルームは実際どのようなものか確認(内見)することができるので、一度見に行ってみるのも良いですし、話を聞くだけでも十分です。自分の気に入ったトランクルームで色んなものを収納しちゃいましょう!